top of page
  • 執筆者の写真湧水館 三分一

北杜市の隠れた名店「そば処三分一」- 自然に囲まれた絶品蕎麦の魅力

はじめに

山梨県北杜市は、美しい自然に恵まれた場所で、観光客にとっても魅力的なスポットがたくさんあります。その中でも特に注目されているのが、「そば処三分一」です。この蕎麦屋は、山梨の自然に囲まれた静かな場所にあり、絶品の蕎麦を提供しています。今回は、この「そば処三分一」の魅力について詳しくご紹介します。


北杜市と「そば処三分一」

北杜市は、山梨県の北西部に位置し、南アルプスや八ヶ岳の美しい山々に囲まれています。この地域は、豊かな自然と清らかな水源で知られており、これが美味しい蕎麦作りには欠かせない要素となっています。「そば処三分一」は、まさにこの北杜市の自然の恵みを最大限に活かした蕎麦屋です。



名水と蕎麦

蕎麦の美味しさには、水の質が大きく影響します。北杜市は、「名水の里」として知られており、その水質は全国的にも高く評価されています。特に、八ヶ岳から湧き出る清水は、蕎麦作りに最適な水として知られています。「そば処三分一」では、この名水を使用して蕎麦を打っており、その香りとコシのある食感が特徴です。




「三分一」の由来

「三分一」という名前には、深い歴史があります。この名前は、江戸時代に遡ることができ、当時の水利権の分配方法に由来しています。三分一湧水は、北杜市にある名水の一つで、江戸時代にはこの水を三等分して農業用水として使用していました。その歴史を受け継いでいるのが、「そば処三分一」です。ここでは、三分一湧水を使用して蕎麦を打ち、その歴史と伝統を現代に伝えています。


自然に囲まれた「そば処三分一」

「そば処三分一」は、北杜市の豊かな自然に囲まれた静かな場所にあります。店内からは、美しい景色を眺めながら食事を楽しむことができ、訪れる人々に癒しの時間を提供しています。四季折々の風景が楽しめるこの場所は、まさに心のリフレッシュに最適です。


絶品の手打ち蕎麦

「そば処三分一」で提供される蕎麦は、手打ち蕎麦として知られています。手打ち蕎麦は、機械で作られる蕎麦とは異なり、職人の技と経験が詰まっています。ここでは、毎日新鮮な蕎麦粉を使い、丹念に打ち上げた蕎麦を提供しています。そのため、一口食べると蕎麦の香りと風味が口いっぱいに広がり、コシのある食感が楽しめます。



アクセスと営業時間

「そば処三分一」は、北杜市の自然豊かな場所に位置しています。アクセス方法は、車が便利です。中央自動車道の長坂インターチェンジから約15分の場所にあります。駐車場も完備しているため、観光の合間に立ち寄ることができます。営業時間は、午前11時から午後3時までですが、人気店のため早めに訪れることをお勧めします。


まとめ

山梨県北杜市にある「そば処三分一」は、美しい自然に囲まれた絶品蕎麦を提供する名店です。名水を使用した手打ち蕎麦は、その香りとコシのある食感が魅力で、多くの人々に愛されています。地元の新鮮な食材を活かした料理や、心温まるおもてなしも、この店の大きな魅力です。北杜市を訪れた際には、ぜひ「そば処三分一」に立ち寄り、美味しい蕎麦と素晴らしい景色を楽しんでください。

閲覧数:2回0件のコメント

Comments


bottom of page